大工がつくる“手刻みの家”とは|大野市で注文住宅なら有限会社中村工務店
手刻みの家ってどんな家?普通の家とどう違うの?
手刻みの家 なら中村工務店へ

主流はプレカット。手刻みの家を選択する理由とは?

プレカットとは、建築の構造材として使う木材をあらかじめ工場で切断・加工することで、カットされた木材をプレカット材、カットした木材を現場で組んで固定していくことを【プレカット工法】と呼びます。

工期短縮やコスト削減ができるほか、工場生産なので品質が安定しているのもプレカット工法のメリットです。

それに対し手刻みとは、大工が自らの手で木材を加工し、現場では釘や金物をできるだけ使わず、ほぞを合わせて骨組みをつくり上げていくものです。

この工法は【伝統構法】と呼ばれ、熟練の技が求められる非常に高度な技術なのですが、効率重視の現代、すっかり出番が少なくなっているのが現状です。

手刻みの魅力とは何なのか?
Check!
こんな人にすすめたい【手刻みの家】
天然素材、職人技術、地産地消、ハンドメイド。そんな言葉に心惹かれる方には、唯一無二の住まい、大工がつくる手刻みの家が琴線に触れるかも?
Point
1

熟練の技術による、こだわり抜いた家

大工の技術に精度を左右される手刻みに比べ、工場生産のプレカットは品質が安定しているのが特長。しかし、熟練の技術をもつ大工の手にかかれば、機械以上の強度を発揮するのが手刻みの家です。

工場で大量生産するプレカット材にはある程度の型があるのに対し、手刻みなら仕口も継手も自由自在。1棟1棟に想いを込めて、1棟1棟を丁寧な手仕事でつくり上げていきます。

Point
2

和の心に響く、木組みと木肌の美しさ

手刻みでほぞやほぞ穴を加工し、釘や金物に頼ることなく、組み立てていく。その木組みの美しさは、現代ではなかなか目にする機会がありません。そんな木組みも、仕上げをすれば隠れて見えなくなりますが、見えない場所にこそ手をかける。手刻みには、そんな粋を感じられます。

梁や柱をあらわし、無垢の板で仕上げた“木の家”も、熟練の技で一層美しく。手刻み大工が鉋をかけるたび、木の肌は美しく艶を増してゆきます。

Point
3

木を知り尽くし、木の特性を活かす

プレカットで加工された木材を扱うのと違い、自身で墨付けを行い、加工をする手刻みの大工には、木をよく見ること、木の性質をきちんと知ることが求められます。

この木のこの部分は、どの部位に使おうか。どの向きで使うのが正解か。どちらが上で、どちらが下か。木の特性を理解し、活かすことで、より強固で粘りのある家を建てることができるのです。

中村工務店の大工は、手刻みができる大工のなかでも『宮大工』という先人の技と高い技術力を持った大工です。

効率のよさではプレカットに軍配が上がりますが、プレカットにはない手刻みや伝統構法の魅力も知っていただき、選択肢のひとつに加えていただければ幸いです。

お気軽にお電話でご連絡ください
0779-65-7127 0779-65-7127
8:00~17:00
Access

マイホーム建築や修理をご検討の方はお気軽にお見積もりをご依頼ください

概要

店舗名 有限会社中村工務店
住所 福井県大野市東中野1-1304
電話番号 0779-65-7127
営業時間 8:00~17:00
定休日 第2・4土曜、日、祝

アクセス

新築の施工や水回りの修理などのご相談がありましたらお電話やお問い合わせフォームよりご連絡ください。費用のお見積もりや施工期間などをご提案いたします。地元密着型の工務店だからこそのサービスをご提供いたします。
Contact

お問い合わせ