制震ダンパーで実現する地震に強い家
熊本地震の教訓から学ぶ、制震の必要性
店舗名など
制震構造 なら中村工務店へ

地震大国、日本で暮らすために

日本は『地震大国』といわれ、直近では2024年元旦に能登地方を震源とするマグニチュード6.4の地震が発生。最大震度6弱を観測しました。

この地震により、建物の倒壊や土砂崩れなどの被害が出ており、改めて地震対策の重要性が浮き彫りになっています。

2016年の熊本地震では、繰り返す揺れにより耐震基準を満たした建物でも倒壊するケースが多数報告されており、制震構造の必要性が高まっています。

制震ダンパーの重要性を、3つのポイントにまとめました。
Check!
耐震性能に+αを! 耐震・制震・免震の違い
耐震構造では建物の倒壊を防ぐことはできるものの、構造内部の損傷や家具・家財の転倒や散乱といった被害を防ぐことはできません。
一方、制震構造と免震構造なら地震のエネルギーを吸収し、建物の揺れを抑えることができるため、構造体や居住空間の被害を最小限に抑えることができます。
耐震、制震、免震。それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。
Point
1

耐震構造 - 建物の倒壊を防ぐ

耐震は建物の骨組みを強化することで、地震の揺れに耐える構造です。柱や梁を太くしたり、壁を増やしたりすることで、建物全体の強度を高めます。

ただし、建物を強固に固めるので地震のエネルギーを逃がすための遊びがなく、地震の際には揺れが建物全体にダイレクトに伝わり、構造内部や室内の損傷を防げないのがデメリットです。

Point
2

制震構造 - 地震エネルギーを吸収する

制震は建物の骨組みに特殊なダンパーを設置することで地震のエネルギーを吸収し、建物の揺れを抑える構造です。

耐震構造に比べて揺れが小さくなるため、室内の家具が転倒しにくく、建物が変形しようとする力を吸収することで構造内部の損傷をも防ぎます。

制震ダンパーは新築住宅だけでなく、既存の住宅にもリフォームによって後付けすることが可能です。

Point
3

免震構造 - 地震の揺れを建物に伝えない

免震は建物の基礎部分に特殊な装置を設置することで、基礎と建物の縁を切り、地震の揺れを伝えないようにする構造です。

伝統構法で建てられた古民家や寺社仏閣は、石の上に柱が乗っているだけの非常に簡易的な石場立てという基礎でできています。これも、あえて礎石と柱の部分で縁を切った免震構造のひとつといえます。

ただし、装置を利用した免震構造は建設コストが高いこともあり、現在のところ大規模な建造物での利用に留まっています。

中村工務店では現在、お客様の安全と安心を第一に考え、制震ダンパーを導入した家づくりを進めています。

住友理工社製のTRCダンパーを採用し、今後は新築住宅だけでなく、既存住宅に対しても後付けによる住宅の制震化を提案するなど、福井県大野市近郊の皆様の安全と安心を守ってまいります。

お気軽にお電話でご連絡ください
0779-65-7127 0779-65-7127
8:00~17:00
Access

マイホーム建築や修理をご検討の方はお気軽にお見積もりをご依頼ください

概要

店舗名 有限会社中村工務店
住所 福井県大野市東中野1-1304
電話番号 0779-65-7127
営業時間 8:00~17:00
定休日 第2・4土曜、日、祝

アクセス

新築の施工や水回りの修理などのご相談がありましたらお電話やお問い合わせフォームよりご連絡ください。費用のお見積もりや施工期間などをご提案いたします。地元密着型の工務店だからこそのサービスをご提供いたします。
Contact

お問い合わせ