能登半島地震に学ぶ、耐震基準
【耐震等級3】の家は絶対に倒壊しないのか?
有限会社中村工務店
耐震改修 なら中村工務店へ

『耐震等級』とは何か?

『耐震等級』とは“住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)”に基づく住宅性能表示のひとつで、耐震等級1から3までの3段階に分けられます。このうち、建築基準法で規定された耐震基準と同等の耐震性をもつのが、3段階でもっとも耐震性の低い耐震等級1になります。

震度7の地震に耐えられる?
Check!
耐震等級1の家は安全なのか?
「倒壊・崩壊しない」というのは、言い換えれば「避難するための時間がある」ということ。2回、3回と揺れが続いた場合、倒壊・崩壊は免れません。
さらに、地震で倒壊・崩壊しないのか否かというのは、建物の耐震性以外の要素も大きくかかわっています。
数十年に一度の大地震で家族を守るため、今やっておくべきことは何なのか。ポイントを絞って説明していきます。
Point
1

最低でも現行の耐震基準に適合させる

現行の耐震基準とは『耐震等級1』のこと。

1981年6月1日より前に建築確認申請の下りた建物に関しては、現行の耐震基準に適合していない可能性が高いので、一度“耐震診断”を受けてみることをおすすめします。

木造住宅の耐震診断及び耐震改修を行う場合、福井県と各市町村が連携し、以下のとおり補助金が支給されます。


木造住宅の耐震化に関する補助制度について|福井県

Point
2

万が一のため地震保険を加入しておく

地震による損害を受けた場合、損害の程度に応じた保険金が支払われます。

今回の能登半島地震では大規模な火災が大きなニュースとなりましたが、このような地震に起因する火災や津波による被害も、地震の補償対象となります。

仮に耐震等級3の家を建てたとしても、まったく損害を受けないとは限りません。お守りだと思って、加入しておくことをおすすめします。

なお、地震保険は火災保険にセットする保険であり、地震保険単体では加入できませんので、ご注意ください。

Point
3

土地選びの際には地盤の強度も考慮する

今回の能登半島地震では、深刻な液状化被害も報告されています。なかでも液状化の被害が大きかったのは、盛土(傾斜地などに土砂を盛る)や切土(傾斜地の地面を削り取る)によって、造成された地盤。

盛土や切土によって造成された新興住宅地は、地盤が固まるのに年数を要するため、古い住宅地に比べて液状化のリスクが高い可能性があります。

土地選びの際には、ハザードマップを確認する、土地の履歴を知るなどの対策も必要ですね。

「いかに自信に強い家を建てるか」ということも大切ですが、自然災害は地震だけに限りません。重要なのは、家族の命が奪われないこと。そして、その後の生活です。

防災用品や備蓄品を用意しておく、ハザードマップで危険地域や避難場所を確認しておく、家族と連絡を取る方法や合流場所を決めておくなど、まずは基本的なところの見直しからすすめていきましょう。

耐震改修を希望される方は、中村工務店にご相談を。

お気軽にお電話でご連絡ください
0779-65-7127 0779-65-7127
8:00~17:00
Access

マイホーム建築や修理をご検討の方はお気軽にお見積もりをご依頼ください

概要

店舗名 有限会社中村工務店
住所 福井県大野市東中野1-1304
電話番号 0779-65-7127
営業時間 8:00~17:00
定休日 第2・4土曜、日、祝

アクセス

新築の施工や水回りの修理などのご相談がありましたらお電話やお問い合わせフォームよりご連絡ください。費用のお見積もりや施工期間などをご提案いたします。地元密着型の工務店だからこそのサービスをご提供いたします。
Contact

お問い合わせ