「無垢の床は暖かい」って本当?|大野市で注文住宅なら有限会社中村工務店
冬でも「ひやっ」としない、無垢フローリングの不思議
無垢の家 なら中村工務店へ

無垢フローリングで冬でも暖かい住まいを

床材の主流は、合板の上に化粧シートを貼った合板フローリング。しかし、無垢の床には今も根強いファンがおり、近年では無垢の天然素材としての魅力が再認識されつつあります。

価格やお手入れの面で不安がある人には、天然木を薄くスライスしたものを表面に貼った突板(つきいた)や挽板(ひきいた)フローリングという選択肢もありますが、無垢本来の味わい深さは、やはり無垢板でしか味わえません。

夏でも足裏がベタつかず、冬はほんのり暖かいといわれる無垢の床ですが、実際のところどうなのか。まずは、メカニズムを知ることから始めましょう。

無垢の床には、さまざまな魅力があります。
Check!
無垢の床は「暖かみがある」というけれど…
実際に暖かいのか、それとも感覚的なものなのか、疑問に感じている人も多いのでは?その「暖かさ」の正体を見ていきましょう。
Point
1

熱伝導率が低く、断熱性が高い

『熱伝導率』とは、熱の移動のしやすさを数値で示したもの。熱は高温側から低温側へと移動するため、金属など熱伝導率の高い物質は熱を奪われ、表面が冷たくなります。

木材は熱伝導率が非常に低く、合板フローリングと比較しても、無垢の杉板の熱伝導率は0.12 W/mK、合板フローリング表面に使われる樹脂シートは0.2 W/mKと、熱伝導率の低さがうかがえます。

Point
2

多孔質なので、保温効果がある

無垢の表面には、無数の孔があります。もともとは、生きた木が地面から水を吸い上げるための孔でしたが、伐採され、加工されたあとも、無垢の木はその孔から湿気を吸い、ときには吐き、呼吸をします。それが、無垢のもつ調湿作用です。

その孔は湿気を吸収するだけでなく、冬は暖房で暖まった空気を溜め込む空気層となり、無垢フローリングの表面をほんのりとした暖かさに保ちます。

Point
3

肌触りがよいので、暖かみを感じる

もちろん、感覚的なものがないわけではありません。合板フローリングの堅さや表面の樹脂シートのてかてかとした光沢には、冬場はどうしても寒々しさを感じてしまいます。

その点、無垢フローリングには「暖かいのではないか」と思わせる、独特の風情があります。不規則に流れる木目や自然な色味・艶感が、五感を刺激するのでしょう。

当然ながら、床暖房のような暖かさはありませんし、断熱材の代わりになるわけでもありません。

しかし、部屋の暖房を入れれば、その断熱・保温効果によって、真冬でも素足で歩ける程度には暖かさを感じます。

自然の暖かみを実感したい方は、無垢フローリングをご検討ください。

お気軽にお電話でご連絡ください
0779-65-7127 0779-65-7127
8:00~17:00
Access

マイホーム建築や修理をご検討の方はお気軽にお見積もりをご依頼ください

概要

店舗名 有限会社中村工務店
住所 福井県大野市東中野1-1304
電話番号 0779-65-7127
営業時間 8:00~17:00
定休日 第2・4土曜、日、祝

アクセス

新築の施工や水回りの修理などのご相談がありましたらお電話やお問い合わせフォームよりご連絡ください。費用のお見積もりや施工期間などをご提案いたします。地元密着型の工務店だからこそのサービスをご提供いたします。
Contact

お問い合わせ